コンサルタントに学歴は必要か - コンサルタントと学歴について

コンサルタントに学歴は必要か

コンサル業界で働きたいと思っている人もいるでしょうが、コンサルタントにもいろいろな種類があります。
そのため、学歴が必要になる場合もあれば、学歴に関係なく採用してくれるところもあるでしょう。
最近は学歴よりもその人の能力や経験、資格などを重要視する傾向にあるので、外資系でなければそれほど学歴は関係ないと言っても過言ではありません。

全く関係ないわけではないので、やはり高等学校ぐらいは卒業しておいた方が無難です。
高等学校も、工業高校や商業高校、農業高校のような専門的な学校ではなく、普通科の方が採用してもらいやすくなる場合もあります。
もちろん中卒ではコンサル業界に就職できないというわけではありませんので、決してあきらめる必要はないでしょう。

それよりも、なぜコンサル業界で勤務したいのか、どのようなコンサルタントの仕事をしたいのか、なぜこの業界を選んだのかという点が重要になります。
面接の際には、必ずと言ってよいほどこの会社を選んだ理由を聞かれます。
転職をするのであれば、なぜ前の仕事を辞めたのかを聞かれることが多いと言えるでしょう。
前職もコンサル業界で勤務していたのであれば、それほど辞めた理由が大きく影響することはありませんが、別の業種から移ってきたのであれば、なぜコンサル業界で勤務することにしたのかという理由が、面接の際に大きく影響してきます。

コンサル業界では学歴も重要なのですが、それ以上に重要なこともありますし、学歴だけで採用不採用を決められてしまうことは少なくなっています。
もちろん高学歴の方が、有利なことは言うまでもないでしょう。