外資系コンサルは学歴も重要 - コンサルタントと学歴について

コンサルタントと学歴について > 外資系コンサルは学歴も重要

外資系コンサルは学歴も重要

コンサルタントは外資系の企業で勤務することもあります。
外資系の場合には、他の種類のコンサルタントに比べると、学歴が重要になってくるのです。
コンサルタントの仕事を行う場合、入社試験で筆記試験を導入していることも少なくはありません。
特に外資系となれば、英語の能力も影響してくることが多いと言えるでしょう。

しかも外資系企業は、国も国境も関係ないという考えのところが多いので、応募者もいろいろな国から来ることがあるのです。
そうすれば応募者も増えてしまい、書類選考などで学歴が優先されてしまうこともないとは言えません。
もちろん会社によっても学歴がどれだけ優先されるのかは変わってくるでしょうが、中にはどこの大学を卒業したのか、どのような学科を卒業したのかによって、採用してもらえる確率が変わる場合もあるのです。

最近は高校生や大学生になっても、どのような職業に就きたいという明確な目標を持っていない人が多くなっています。
なぜなら自分のなりたい職業になれる人が圧倒的に少ないからです。
これになりたい、あれになりたいと思っていても、現実的には不可能に近いので、ある程度の年齢になるとあきらめてしまうのでしょう。
そのため、高等学校や大学に入学し、就職活動を行うようになってから職業を決めるという人も多いのです。
そうすると自分が専門的に勉強してきた分野に就職した方が有利になるので、自分があまりやりたくない仕事に就いてしまう人が多いのでしょう。

特にコンサルタントの仕事を、子供のころからやりたいと思っている人は殆どいません。
転職してコンサル業界に来る人も多いので、経験などよりも学歴が優先されてしまうことがあるのです。