コンサル業界転職時学歴は必要か - コンサルタントと学歴について

コンサルタントと学歴について > コンサル業界転職時学歴は必要か

コンサル業界転職時学歴は必要か

コンサル業界というのは、新卒で入社する人もいるのですが、別の業界から転職する人も多いと言えるでしょう。
同じ業種から転職する人もいれば、別の業種から転職する人もいます。
転職時に重要視されることはたくさんあるのですが、学歴を重要視されることもあるでしょう。
会社によって学歴を最も重要視することもあるでしょうが、大半の会社は経験を最も重要視するので、同業種からの転職が最も有利です。

もちろん別業種からの転職でも不可能ではありませんし、実際に実現した人もたくさんいるでしょう。
学歴も当然見られるので、コンサルタントの仕事に有利な学部を卒業していれば、その分採用してもらえる確率は上がります。

コンサルタントにもいろいろな種類があるので、どの業種に転職するのかによっても、有利になる学部などは変わってくるでしょう。
経営コンサルタントであれば、経営学部が有利になるでしょうし、IT系のコンサルタント業務であれば、情報処理関連の学部が有利になります。
学部は殆ど重要視しないという会社もあるので、あまり学部にこだわる必要がない場合もあるでしょう。

コンサルタント業務を行う場合には、大手企業に就職することが多いので、やはり学歴が全く関係ないということは少なくなっています。
同じ年齢で同じような経歴を持っている場合には、学歴で優劣をつけるようになってしまうので、もちろん大学を出ている人が最も有利になるでしょう。
学歴をあまり重要視していない場合にも、筆記試験で優劣をつける場合が多くあります。
筆記試験も一般常識などではなく、専門的な分野が多く出題されるでしょう。
そうなれば、高学歴の方が有利です。