コンサル業界の学歴フィルター - コンサルタントと学歴について

コンサルタントと学歴について > コンサル業界の学歴フィルター

コンサル業界の学歴フィルター

通常求人票を見ると、応募条件に高卒以上や大卒以上と書かれていることはあります。
しかし、何々大学卒業以上、何々部卒業が条件と言った感じで、学校名や学部などを明記することはありません。
求人票には書かれていなくても、実際には応募人数が多くなると、一定の偏差値以上や特定の学部、特定の大学などに分けて採用基準を設けることもあるのです。
このようなことを学歴フィルターと呼んでいるのですが、コンサルタント業界でも学歴フィルターを設けているところがあるのでしょうか。

全てのコンサルタント業界を調べることはできませんので、絶対にないとは言い切れません。
しかも学歴フィルターに関しては、外部には一切知らせないのが一般的です。
よってコンサルタント業界でも、学歴フィルターを設けている企業もあるかもしれませんが、実際にはあまりないと言えるでしょう。

なぜならコンサルタント業界というのは、大学で得た知識よりも、実戦経験や得手不得手が重要視されているのです。
いくら知識を身につけたとしても、実戦経験を得た人には全く及ばないと言えるでしょう。
だから近年では、学歴よりも経験や資格を重要視して採用する企業が多くなっているのです。

ただし、コンサルタント業界に就職する場合には、筆記試験を行うことが多いのですが、内容は一般常識のような簡単な問題ではなく、専門的な問題になっているのが一般的でしょう。
そうすると大学で勉強した知識も役に立つので、学歴フィルターを設けていなくても、専門的な学部や偏差値の高い大学を卒業した方が、有利になることは間違いありません。