転職時に学歴は影響するのか - コンサルタントと学歴について

コンサルタントと学歴について > 転職時に学歴は影響するのか

転職時に学歴は影響するのか

コンサルティング業界に転職を希望する人もいるでしょうが、転職をする場合、学歴は影響するのでしょうか。
転職する会社によっても異なるでしょうが、学歴を重要視することもある反面、学歴よりも経験や資格を重要視することが多くなっています。
もちろん全く学歴が関係ないというわけではありません。
応募者が多い場合には、面接や筆記試験の前に書類選考を行う場合もあるのですが、書類選考の際に、学歴で落とされてしまうケースもあるでしょう。

やはり就職をする会社で行うコンサルティング業務に活かされる学科や学部を卒業していた方が、有利になるのはいうまでもありません。
ただし、経験が豊富な人の方を優先的に採用することが多いので、経験と学歴では経験を重要視されます。
同じような経験年数で、年齢も同じぐらいという場合には、学歴が影響してくることもあるので、将来コンサルタントとして働きたいのであれば、コンサルタントに有利な学部がある大学を出ておくことをおすすめします。
コンサルタントにもいろいろな種類があるので、どのような種類のコンサルタントを行いたいのかをはっきりさせておくことも重要です。

これは別の業種でも同じことが言えるでしょう。
例えばIT関連の会社に就職したいと希望する人が2人いて、情報処理関連の学部を卒業した人と、機械関連の学部を卒業した人がいたら、当然情報処理関連の学部を卒業した人を採用したいと思うのが当然です。
コンサルタントでも同じなのですが、新卒で入社するよりは、中途採用の方があまり学部を重要視するケースが少ないと言えるでしょう。
学歴は新卒の武器だと思って間違いありません。