コンサル業界で働く人の志望動機 - コンサルタントと学歴について

コンサルタントと学歴について > コンサル業界で働く人の志望動機

コンサル業界で働く人の志望動機

入社前には必ず面接を行いますし、筆記試験や書類選考を行う場合も多いでしょう。
書類選考の際には、職務経歴書と履歴書が必要になることが多いのですが、履歴書の提出は義務付けられているのが一般的です。
履歴書を書く上で、多くの人が悩むのが志望動機でしょう。
コンサル業界で働きたい人は、どのような志望動機を持っているのでしょうか。

1番の理由は給料がよいからでしょうが、このような志望動機では当然書類選考にも面接にも通りませんので、しっかりとした志望動機を書きます。
志望動機も勤務する会社によって変わってくるのが一般的です。
そんな中でも企業の成長を助けて、自分自身も成長していきたいという内容や、相手の立場になって話すことの重要性を感じたと言った内容がよく見られます。

コンサル業界へ就職するときの志望動機を考える場合のポイントは、大きく分けると4つあります。
1つ目はなぜコンサルタントという職業に就きたいと思ったのかという点です。
これは面接のときにも高確率で聞かれるので、必ず明確にしておくべきでしょう。
2つ目はなぜこの企業を選んだのかという点です。
これも高確率で面接のときに聞かれる内容ですし、たくさんあるコンサル業界の中から、この企業を選んだ理由をしっかり答えられないと、採用してもらえる確率は下がるでしょう。

3つ目は自分にコンサルタントは向いているかという点ですが、これはアピールポイントなので、あまり前向きすぎると自意識過剰だと思われてしまうでしょう。
4つ目は将来の目標ですが、このようなコンサルタントになりたいということをアピールしましょう。